「カラダ」と「治療」の見える化

kanpo01

体の不調がある。何をやっても良くならない。
病気を治す、カラダを整えるにはどうすればいいのか・・・
それには大切なことが2つあります。 それは・・・

・カラダの中で何がどうなっているのか明確にする
・それに対して適切な治療を施す

この2つが大切です。

患者様の中には初めて漢方薬を服用する方も多いです。ただでさえ、漢方薬でつらい症状が良くなるのか不安であると思いますが、さらにこれからどんな治療を行うのかわからないと不安は増えるばかりですよね。

当店では、カラダの内部を見える化し、治療方針を明確にご説明することで、患者様にこれからどんな治療をしていくのかを、納得いただけるまで明確にご説明します。

漢方薬について

kanpo01

漢方薬はよく「長く飲まないと効かない」と言われます。

結論から言うと半分正解で半分は間違いです。

確かに長年患っている肩こりや腰痛などは病院に通院していても時間がかかるように、数日で完治することは困難で、しばらく漢方薬を服用する必要があります。

一方で風邪や脚の攣りのような急性症状に関しては、1回の服用で症状が緩和することもあります。(*薬が合っていれば)

西洋医学と漢方の違い

西洋医学は西洋医学に基づいた理論で病気を抑えていきます。

それに対して漢方薬は病気の原因を漢方的に捉えて、その人の持つ体質を考慮して病気及び体質を改善していきます。

どちらが優れているということではないですが、もし病院に行ってもはっきりとした原因がないとか、なかなか治らないようであっても、漢方では効果的な薬を提案できることも多々あります。

そのような方に漢方はお勧めだと感じています。

漢方薬の種類

飲み薬では錠剤、ドリンク剤、エキス製剤(こな薬)、散剤、そして煎じ薬があります。

それぞれの剤型での治療効果は下の図のように煎じ薬が抽出濃度が高く有効であるとされています。

  • 錠剤
  • kanpo07
  • エキス剤
  • kanpo07
  • 煎じ薬
kanpo02

*エキス製剤

煎じ薬について

煎じ薬とは、薬草(生薬)をグツグツとお茶のように煮出して、飲むスタイルのものです。

  • kanpo03

    症状に合わせて生薬を選択

  • kanpo07
  • kanpo04

    生薬を1日分ずつパックしてお渡し

  • kanpo07
  • kanpo05

    自宅にて煮出す(やかんでも可)

  • 煎じ薬のメリット

    ・生薬を直に煎じるので、抽出濃度が高い

    ・使用できる薬の種類が豊富であり、あなたに最適な漢方薬を提案可能

  • 煎じ薬のデメリット

    ・毎日1時間くらい煎じる必要がある

    ・味や匂いがダイレクトに感じる

お店によって、飲み易さや手軽さに重点を置いている薬局もありますが、

当店は煎じ薬の使用をオススメしています。

ただし、デメリットにも書いたように味がまずくて飲めなくては仕方がないですが、体にあった漢方薬を服用すると美味しく感じられます。そういう意味でも​エキス顆粒剤や錠剤ではわからない味を煎じ薬では感じることができます。

毎日煎じるのが手間だという方には、ボタンひとつで簡単に煎じることができる自動煎じ器をご紹介します。

kanpo06

マイコン煎じ器3

*ボタンひとつで楽に煎じることができます。

 

症状に合わせて効果的な改善が目指せる漢方薬を三鷹駅前の漢方薬局で処方いたします

当店は三鷹駅前で夜19時まで営業しており、お忙しい方も会社帰りに安心してお越しいただけます。風邪気味だけれどお仕事が休めない、長く冷え性や頭痛、生理痛などに悩まされているという方もお気軽にご相談ください。
漢方薬局 Basic Spaceでは経験豊富な薬剤師が、症状や体質に合わせ最適な漢方薬を処方いたします。漢方薬は即効性がないと言われますが、症状によってはすぐに効くものもあります。なお、長く放置した慢性的な症状は、悩んでいた期間が長いほど治療の日数がかかることがございます。
症状の重さに合わせた最適な漢方薬をご提案いたしますので、改善の効果は数日程度で現れ、お体に負担をかけることなく徐々に回復が期待できますので、安心して三鷹の当薬局へご相談ください。