2019/04/11

不眠症(イライラして眠れない) 症例

 

20代 男性

 

<現在の状況>

半年くらい前、人間関係のトラブルで少しうつ病のような状態になる。

徐々に立ち直ってきているが、

夜寝る前になると思い出し、

憂鬱になったりイライラし出して眠れなくなる。

 

ねれない時は寝床に入ってから、

頭が冴えて火照り3〜4時間寝付けない。

 

元々朝型だったのだが、

睡眠のリズムが崩れてしまっている。

 

朝に運動をすると入眠がしやすくなる。

 

ストレスがかかると胸焼けしたり、緊張でトイレが近くなる。

たまに左側頭部が痛む。

 

食欲は旺盛だが、出来合いのものばかり食べる。

大便2〜3行/日

 

<処方>

柴胡加竜骨牡蛎湯加減

 

 

<服用後>

漢方薬の服用と同時に、毎朝の運動と

仕事から帰宅後は勉強など頭を使ったりする作業は

控えてもらうようにしてもらう。

 

1週間後、寝床に入って1時間くらいで眠れるようになる。

 

その後、継続服用してもらい1ヶ月半後には、

ほぼ毎日すぐに眠れるようになる。

 

 

<考察>

柴胡加竜骨牡蛎湯はわかりずらい処方の一つである。

イライラ興奮して顔がのぼせている状態・・・柴胡+黄芩

ストレスで胸焼け・・・半夏+生姜

興奮して眠れない(肝→心に波及)・・・竜骨+牡蠣

 

ということで、柴胡加竜骨牡蛎湯加減を用いてみたが、

どうだろう。

 

柴胡加竜骨牡蛎湯は小柴胡湯の加減方であり、

心下悸として茯苓、脇下痞硬で牡蠣など、

より一層心へのアプローチが進んだ処方と言える。

 

他の柴胡剤でも改善した可能性はあるので、

もう少し考えを膨らませたい。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
漢方薬局 Basic Space
http://www.kampo-basicspace.com/
住所:〒181-0012
東京都三鷹市上連雀4-1-11 1F
TEL:0422-26-9068
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇