2019/02/07

手湿疹と全身の痒みに消風散 症例

 

40代 女性


手がガサガサに乾燥しており、痒い。

 

お腹周り、脇、太ももなどやわらかい部位も痒くなり、

かいてしまうと、真っ赤な湿疹ができる。

 

睡眠不足や生活環境が変わる(旅行など)と、

発症しやすい。

 

また、入浴後や布団に入っていると痒くなってくる。

 

皮膚は全体的に乾燥気味で肌はつっぱりやすい。

 

痒みが出て、掻く前は赤みはなく、掻いたら、

赤くなる。

 

 

処方:消風散加減

 


考察

 

初めは乾燥による痒みとみなして、

当帰飲子(とうきいんし)を処方するも、

やや痒みが収まる程度であった。

 

そこで、入浴後の痒みや布団に入った時の痒みに着目して、

体温の上昇が痒みに繋がっていると考えた。

 

そこで、皮膚の炎症を抑えながら、

痒みを抑える処方(消風散)に変更して、

処方した。

 

飲み始めて、一服で痒みが引き、

1週間経つが、痒みはほぼ出なくなる。

 

肌の状態も綺麗になってきており、

効果を実感してもらえた。

 

漢方薬は体内から働きかけるので、

体質改善に繋がります。

 

状況にもよりますが、

蕁麻疹や湿疹は効果が早く出易い場合が多いので、

お困りの方は一度ご相談ください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
漢方薬局 Basic Space
http://www.kampo-basicspace.com/
住所:〒181-0012
東京都三鷹市上連雀4-1-11 1F
TEL:0422-26-9068
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇