2018/12/11

咳喘息の漢方治療とは?

 

咳喘息の漢方治療

 

 

1)咳喘息とは?

 

風邪は治ったのに、咳だけが止まらない。咳だけが1ヶ月以上も続く。

咳喘息の咳は痰は絡まずに、乾いた咳が出ます。

通常の喘息では、気道の収縮による喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒューという呼吸音)がありますが、

咳喘息ではこのような症状はありません。

しかし、放置しておくと気管支喘息になってしまう可能性があるので、

長引かせないように、早期治療をするのが望ましいです。

 

2)咳喘息を漢方でどうやって治療するのか?

 

西洋医学の治療では、気管支喘息同様に、

吸入ようステロイド剤や抗アレルギー剤を用います。

漢方薬も喘息同様に咳喘息の治療を行います。

 

咳喘息では基本的に乾いた咳を特徴とするので、

気道粘液を増やして、気道を潤してあげる必要があります。

気道が潤うと、外部からの刺激を受けにくくなるので、

咳が出にくくなります。

しかし、一方で気道粘膜の炎症が起こっており、

喘鳴がないとはいえ、気道の収縮があると考えられます。

そこで、気道の炎症をとり、気道を広げる働きが必要になります。

 

以上のことから、咳喘息の治療は

①気道を潤す

②気道の炎症を抑えて、気管支を広げる

ことが必要になります。

 

3)咳喘息に用いる漢方薬

 

①麦門冬湯(ばくもんどうとう)

 

気道を潤して、乾いた咳(空咳)を抑えます。

声枯れや、かすれ声にも有効です。

*炎症が強く喉の痛みが出てきたら石膏(せっこう)を加えます。

 

②麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)

 

気道の炎症をとり、気管支を拡張します。

夜間の激しい咳(寝床で横になろうとすると激しくなり、寝れない)

喘鳴を伴う、喉の痛み

 

まとめ

 

以上、咳喘息についてまとめました。

気管支が弱く、風邪を引くと咳が長引いてしまう方は、

咳喘息→喘息に移行しやすくなります。

咳が長引くようでしたら、放っておかずに早めに治療をしましょう。

同時に、無理せずゆっくりと休息を取るようにしましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
漢方薬局 Basic Space
http://www.kampo-basicspace.com/
住所:〒181-0012
東京都三鷹市上連雀4-1-11 1F
TEL:0422-26-9068
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇