2018/06/14

更年期⁉︎のぼせが気になりだした方の漢方薬とは?

 

最近のぼせやすい、ほてる、汗が急に噴き出してくる、これって更年期障害⁉︎

と思いの方へ、漢方薬のご紹介をしたいと思います。

 

images

 

更年期についての症状は以下のブログをご参考ください。

更年期障害の症状

最近は特に気温の変動が大きく、それだけで体の負担になってしまうのに、

体が熱くなるだけならまだしも、汗が止まらなくなってしまって、周りの目が気になってしまいますよね。。。

 

こういった症状は病院に行っても、「自律神経の乱れ」と言われてしまい、

なかなか西洋医学では対応しきれません。

 

のぼせや火照りを始めとした更年期症状には、漢方薬が有効です。

 

漢方薬は病名によらず、症状からその人の体の中で何が起きているのか推察し、

病態を把握することができるので、更年期症状の様々な病態に対応できます。

 

のぼせや火照りは、女性ホルモンの影響で体の寒熱バランス(温めたり、冷やしたりする)が乱れたために生じます。

 

漢方薬はこの寒熱バランスを調整する(特に熱を冷まして巡らせる)ことで、改善を図ります。

 

具体的には

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

加味逍遥散(かみしょうようさん)

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

 

・・・など用います。

 

治療薬が多数あるのは、のぼせや火照りだけを治療するのではなく、

その人の体質や他の症状を考慮して、処方を決定するからです。

 

漢方薬が初めての方も、安心して服用できるように丁寧にご説明致します。

きになる方はお気軽にお問い合わせ、ご訪問頂ければと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
漢方薬局 Basic Space
http://www.kampo-basicspace.com/
住所:〒181-0012
東京都三鷹市上連雀4-1-11 1F
TEL:0422-26-9068
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇