2018/05/01

妊娠中に服用できる漢方薬は?

 

妊娠中に漢方薬を服用したいけど、飲んで良いのかどうか・・・

とお悩みの方がいるのかもしれません。

 

Unknown

 

妊娠するまでに服用していた漢方薬は継続できるのかも不安になりますよね。

 

西洋薬は薬によっては妊娠中や授乳中での服用ができない場合がありますが、漢方薬では妊娠中でも活躍できる漢方薬がたくさんあります。

 

例えば、

妊娠中のつわりには小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)がよく用いられます。

胃の中の余分な水を除去することで、吐き気を抑えます。

 

つわりと同時に気分の浮き沈みがある場合には半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)を用います。

 

つわりに胃腸の虚弱がある場合には六君子湯(りっくんしとう)を用います。

 

妊娠中のむくみや貧血の予防には当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を用います。

 

さらに風邪や花粉症で西洋薬を用いにくい場合にも小青竜湯や葛根湯を用いることもあります。

 

ただし、これはあくまでもご自身の体質にあった漢方薬を選んだ場合には有効となります。

漢方薬といえど薬ですので、妊娠中に服用する場合には専門の薬剤師や医師にご相談ください。

 

妊娠中でも漢方薬を服用することは可能です。

特に妊娠中は体の変化が大きく、体調不良を起こし易いので、

不安な方は漢方薬を正しく取り入れて、万全な状態で出産に備えましょう。

 

妊娠中の漢方薬のご相談、お待ちしております。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
漢方薬局 Basic Space
http://www.kampo-basicspace.com/
住所:〒181-0012
東京都三鷹市上連雀4-1-11 1F
TEL:0422-26-9068
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇