2018/04/28

お酒を飲むと下痢をするのはなぜ?

 

最近は暖かくなってきており、お酒(特にビール)が美味しい季節になってきましたね!

わたくしは普段は全く飲みませんが・・・

 

ですが、お酒を飲むと翌日の二日酔いが起きてしまう人もいるかもしれませんね。

 

今回はお酒を飲んだら、下痢してしまう原因について説明します。

 

 

下痢をするのは2つのパターンです。

①飲食が腸を通過する時間が短い

②腸内の水分が過剰にある

 

①は腸の蠕動運動(排泄物を肛門に送る働き)が異常に亢進してしまう現象です。

②の腸内に水分が過剰にあるのは、腸での水分吸収が抑えられてしまったか、腸内に過剰に水分が分泌されてしまった時です。

 

さて、お酒を飲んだ時はどうなるのかと言うと、

冷たいビールをガンガンに飲むと、当然腸は冷えますね。

腸は冷えてしまうと動きが鈍くなりますが、

腸を冷やしてはなるまいと、過剰に腸を動かすことで温めようとして、蠕動運動は亢進してしまいます。

 

また、お酒を摂取すると言うことは多量の水分を腸内に送り届けることになります。

大量の飲食が腸内に入ることで、腸からの水分吸収が弱まり、便が緩くなり下痢となります。

 

またお酒を摂取すると、脂質や糖の吸収も低下するため、便が緩くなります。

 

お酒はほどほどにして、つまみも消化の良い温かいものをとると良いでしょう。

 

二日酔いの下痢に効く漢方薬もありますが、

わたくしは自分自身の戒めのために、

漢方薬に頼らずに自然治癒しております笑

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
漢方薬局 Basic Space
http://www.kampo-basicspace.com/
住所:〒181-0012
東京都三鷹市上連雀4-1-11 1F
TEL:0422-26-9068
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇