2018/03/28

子宮筋腫と漢方薬

 

子宮筋腫とは良性の腫瘍であり、子宮の各所に生じる病気です。

子宮筋腫は良性の腫瘍ですので、それ自体で命を落とすことはありません。

 

しかし、生理時の出血過多や生理痛などの症状が生じることがあります。

また、子宮筋腫が大きいと膀胱を圧迫してトイレが近くなったり、下腹部が張ったりします。

 

子宮筋腫は女性ホルモンと関連があり、閉経を迎えると徐々に筋腫が小さくなってきます。

 

西洋医学的な治療では薬物治療と手術があります。

子宮筋腫の大きさによって手術をするか、様子を見るかを検討していきます。

 

閉経間近で手術をする必要がない方は漢方薬の服用も検討してみてはいかがでしょう。

漢方薬は外科手術は行えませんし、服用したからといって必ず子宮筋腫が小さくなるとは言えません。

しかし、子宮筋腫に伴う出血や痛みについては軽減できる可能性はあります。

 

漢方薬では出血に伴う貧血や結構障害による生理痛などの症状を和らげることで、苦痛を取り除くことができます。

ここに漢方薬の最大の特色があります。

それは病名のいかんに関わらず、抱えている症状と体質さえわかれば、様々な病気を治療することができます。

 

もちろん子宮筋腫の度合いによっては全て治療とはいきませんが、お困りの方はぜひ一度検討してみてください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
漢方薬局 Basic Space
http://www.kampo-basicspace.com/
住所:〒181-0012
東京都三鷹市上連雀4-1-11 1F
TEL:0422-26-9068
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇