2018/02/02

大建中湯〜お腹が冷えて痛い時〜

 

今年は例年にない程の雪と気温の低さで、

まるでスキー場にいるような感覚を覚えました。

 

 

そんな寒い冬になると、色々と体の不調をきたし易くなります。

 

先日、お腹の張りのと痛みが強いという方がご来店されました。

便も全くでなくて、お腹を見るとパンパンに張ってます。

そして、吐き気もある。特徴的なのは、お腹の中をピンポン球が動いているみたいだと言っていることです。

 

『金匱要略・腹満寒疝宿食病』に大建中湯という処方があります。

胸からお腹にかけて、とてつもなく冷えて吐き気がして、お腹の中をぐるぐるとまるで生き物が動いているみたいで、ひどく痛む。そんな時に大建中湯を用いるとされています。

 

これは、お腹が強力に冷やされたことで、大腸の蠕動運動が過剰に亢進してしまい痛みが生じてしまう病態に適しています。

 

今まで、お腹の中をゴロゴロと動き回るという表現に出会ったことがなかったので、新鮮でした。1〜2週間の服用で、大方調子が戻ったので効果を実感できました。

 

皆さんもお腹の冷えには十分注意しましょう〜

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
漢方薬局 Basic Space
http://www.kampo-basicspace.com/
住所:〒181-0012 東京都三鷹市
上連雀4-1-11 1F
TEL:0422-26-9068
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇